【平成30年 市町支部 政務調査会長 会議】

自民党清水支部は、静岡県に対して10項目の政策
を要望して回答を求めました。

個人的に特に手ごたえを感じた箇所は、巴川河口
に水門設置を求める要望についてです。静岡県は、整備前提の河川整備計画を来年度中迄に
策定すると回答しました。ただし、策定後20年かけて整備していくとの事でした。自民党清水支部は、引き続き早期完成するように県に対して要望してまいります。

一方で、清水区の防潮堤整備に関しては、静岡県
は当初の計画通り4年後までに整備するとの回答
にとどまりました。清水区の防潮堤工事は未着工
ですので、現実的に4年後の完成は不可能です。
静岡県には整備計画の日程を見直していただき、
期限を遵守するように強くお願いしたいです。