秋葉山大祭

毎年12月15日・16日に開催の秋葉山大祭は、清水区民で知らぬ者はいない、約450年前から続く伝統のお祭りです。先ずは 峰本院にて「火の用心」のお札を購入後、正面の参道を登り山頂の 「秋葉山秋葉寺」を参拝。幸運にも護摩焚き法要の最中で、入口で係の方が手招きして本堂の中へ招き入れてくれました。お陰様で護摩の煙を身体中に浴び、今年1年の厄を祓い落す事が出来ました。因みに、緋色の法衣を纏った御住職は、知り合いの天野院明住職でした。

前の記事

和解の石

次の記事

百々勇司清水政経塾