カトリック清水教会

連合自治会長や建築士、信徒らで構成された「聖堂を保存する会」が、カトリック清水教会 の保存を求める要望書を田辺市長に提出しました。
昨年8月、管理団体から耐震性能の関係で保存を断念すべき決議がなされました。
しかし、歴史的建築物として極めて高い価値を有している事、そして耐震補強で保存可能との専門家の見解がある事を鑑みて、静岡市に対して聖堂の保存に協力するよう求めました。

前の記事

カーボンニュートラル

次の記事

パークレット