【リノベーション シンポジウム@しみず】

現在、JR清水駅西口周辺商店街の価値を再認識して、リノベーション(大規模改修)を行う運動が、公民連携で進められております。

昨晩、清水テルサにてシンポジウムが開催されました。講師には、岡崎市でリノベを手掛けて活躍中の山田高広さん(株式会社三河家守舎)。演題は「ボクとあの人とまちが踊るシゴト」でした。

山田さんのお話で印象的だったのが、昼間のマチの主役はママであるということ。山田さんという突破力のあるプロデューサーのもと、センスの良い女性プレイヤーが集い、オシャレなママさんを巻き込んでいく仕組みです。

清水区においては、森正芳さん(株式会社清水家守舎)を中心に、巴川をSUPで楽しむアクテビティや、ご当地ハンバーガー(巴バーガー)を製作して地元を盛り上げています。

清水テルサの会場には、高校生を含めて若者が多数参加していました。この中から、清水区をリノベする新しいプレイヤーが出てくることを期待してます。