【日本競輪選手会の黒田支部長と面談】

▶︎畑田議員の働きかけで、静岡競輪場にて日本競輪選手会の黒田支部長と面談しました。因みに丹沢議員は、黒田支部長にとって高校の1年先輩の間柄となります。▶︎静岡市は競輪で年間4億円の歳入があり、これは全国43競輪場のうち、上位3番目の高水準です。一方、公営競技といえども賭け事ですので、ギャンブル依存症問題が市民の皆様に負のイメージを与えているのも事実です。▶︎私はあまり競輪に詳しくないのですが、今回は黒田支部長から、静岡市と競輪との関わり方についてご提言をいただき大変勉強になりました。▶︎いよいよ来年7月末からオリンピックの競輪競技が伊豆ベロドロームで開催されます。また、5月には静岡競輪場で日本選手権が開催されます。両方とも凄い事です。▶︎来年の盛り上がりに期待しつつ、今後は静岡競輪場がある事のメリットを活かした継続的な市政運営を意識して取り組んで行きたいと思います。