【静岡市の5大構想「歴史文化&海洋文化」実現に向けて】

今回の視察先は、
①東京都「葛西臨海水族園」
②小平市「なかまちテラス」
③墨田区「すみだ北斎美術館」
④SANAA事務所エンジニアとの面談
目的は、各施設の建物構造・利用状況・課題等
を 学ぶことにより、今後建設される
「歴史文化博物館」「海洋文化ミュージアム」
の機運を高めつつ、市民の誇りとなる魅力的な
施設を整備していくための知見を得ること。

各施設それぞれ、自治体の担当職員や館長を
はじめとする施設管理者の皆様に、懇切丁寧な
説明をしていただきました。

①年間140万人訪れる全国屈指の水族館。
館長さん貴重なアドバイスありがとうございました。
1時間30分という視察時間が、あっという間に
終わってしまいました。

②妹島和世さん設計による小平市の
ランドマークでありシンボリックな建物。
海外からも建物を目当てに見学に来るそうです。
図書館と公民館の複合施設として、限られた
スペースの中でも狭さを感じさせない様々な
工夫が施されていました。

③2年前に完成した、墨田区悲願の美術館。
美術館としては異例のスピードで、間もなく
来場者数が50万人を突破するとのこと。
妹島和世さん設計の建物は墨田区民にも
評判がいいそうです。
総事業費が静岡市に近いこともあり、
大変参考になりました。

④私は当初、妹島和世さん設計の建物は、
コンセプトや芸術性に重きを置いていると
感じていました。しかしそれは誤解で、
実は機能性を追求した結果として、
あの外観やレイアウトが作られていく
のだということを教えていただきました。