令和2年7月豪雨

九州豪雨で被災した熊本県人吉市・八代市に、自民党静岡支部で購入した角スコップ200本・飲用水数ケースを届けました。
そして、静岡市議会副議長の故郷、八代市坂本町を訪ね、手付かずだった公民館の泥出し作業を、丹沢議員・島議員と共に行いました。これは、ガラスと汚水混じりで安全靴が埋まる程に体積した泥を角スコップで外に掻き出す作業でした。散乱した長机が行く手を阻み、泥を含んだ座布団の取り出しに体力を奪われましたが、最低限の足の踏み場は確保しました。
今回、ウィズコロナに於ける災害対応の難しさを各市長から伺い、そして体感して、帰路に着きました。

前の記事

カトリック清水教会